秀峰堂

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

矢筈

月が変わり節分が過ぎても雪がしんしんと積もります。
このころが冬の一番寒い時期なのでしょうか。雪国の人はだいたいが雪の話が大好き。
初冬に雪が降らないとなんとなく落ち着かず降ったら降ったであれやこれやと雪談義。ま美味しいお米やお酒も真っ白いたくさんの雪のおかげ...。
そうそう矢筈でした。矢筈は床の間にお軸を掛けるときには必需品かもしれません。キャタツは出し入れが大変ましてや壁など傷をつける心配もありますね。矢筈は竹本体に上下に金属金具、弓を射る時の矢に似ているので矢羽津とも当て字します。

ヤハズ


秀峰堂HPに掲載のものは矢筈本体が中ほどで二本に折れているので使用するときつないで長く95センチにして使用できるので便利。
スポンサーサイト
  1. 2012/02/12(日) 14:03:44|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。